ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

ブランチ制限の有効化

保護されたブランチは、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用できます。ブランチを制限できるのは、GitHub Team で Organization が所有するパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用できるブランチ保護の一種です。詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

Organization のオーナー、および Organization 所有のリポジトリの管理者権限を持つユーザは、ブランチ制限を強制して特定のユーザまたはチームのみが保護されたブランチにプッシュできるようにできます。

ブランチ制限の有効化

リポジトリ中の一部あるいはすべてのブランチに、保護されたブランチの設定を自動的に強制することができます。詳細は「保護されたブランチを設定する」を参照してください。

  1. GitHub で、リポジトリのメインページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下で [Settings] をクリックします。

    リポジトリの設定ボタン

  3. 左のメニューで [Branches] をクリックします。

    リポジトリオプションのサブメニュー

  4. [Branch protection rules] の横の [Add rule] をクリックします。

    ブランチ保護ルールの追加ボタン

  5. [Branch name pattern] の下で、保護したいブランチの名前またはパターンを入力します。

    ブランチルールのフィールド

  6. [Rule settings] で、[Restrict who can push to matching branches] を選択します。

  7. [Restrict who can push to this branch] を選択します。

    ブランチ制限のチェックボックス

  8. 保護されたブランチをプッシュする権限を与えるユーザまたはチームを検索して選択します。

    ブランチ制限の検索

  9. [Save changes] をクリックします。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください