ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization の SAML シングルサインオンのリカバリコードをダウンロードする

Organization のアイデンティティプロバイダを利用できない場合でも変わりなく GitHub にアクセスできるよう、Organization の管理者は Organization 用に SAML シングルサインオンのリカバリコードをダウンロードする必要があります。

SAMLシングルサインオンはGitHub Enterprise Cloudで利用できます。詳しい情報についてはGitHubの製品を参照してください。

リカバリコードは共有や配布しないでください。 LastPass1PasswordKeeper などのパスワードマネージャで保存することをおすすめします。

GitHub の右上で、プロフィール画像をクリックし、続いて [Your profile(あなたのプロフィール)] をクリックします。 プロフィール画像

  1. プロフィールページの左側で、[Organizations] の下にある Organization のアイコンをクリックしてください。

    Organization のアイコン

  2. Organization 名の下で、 [Settings] をクリックします。

    Organization の設定ボタン

  3. Organization の設定のサイドバーで [Security] をクリックします。

    セキュリティの設定

  4. [SAML single sign-on] の下にあるリカバリコードに関する注意書きの [Save your recovery codes] をクリックします。

    リカバリコードを表示し保存するリンク

  5. Save your recovery codes by clicking Download, Print, or Copy.

    リカバリコードをダウンロード、印刷、コピーするボタン

    メモ: リカバリコードがあれば IdP を使用できないときに GitHubに戻れます。 新しいリカバリコードを生成すると、「シングルサインオンのリカバリコード」ページに表示されているリカバリコードは自動的に更新されます。

  6. リカバリコードを GitHubへのアクセス回復のために一度使用すると、再利用はできません。 GitHub へのアクセスは、シングルサインオンを使用してサインインするか聞かれるまでの 24 時間だけ有効です。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください