ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

DMCA テイクダウンポリシー

GitHub のデジタルミレニアム著作権法ガイドへようこそ。これは「DMCA」として一般的に知られています。このページは当該法の総合的な入門書ではありません。 ただし、GitHub に投稿したコンテンツに対する DMCA テイクダウン通知を受け取った場合、またはこうした通知を発行しようとしている権利保持者である場合、このページが多少なりとも当該法の謎を解く手掛かりとなり、これに準拠するわたくしどものポリシーをご理解いただく手助けになれば幸いです。

(通知をサブミットしたいだけという場合は、最後までスキップしてください。)

あらゆる法律問題と同様に、特定の質問や状況については専門家に問い合わせることが常に最善策と言えます。 ご自身の権利に対して影響があると考えられる行動を取る前には、そのようにすることを強くお勧めします。 本ガイドは法律的な助言をするものではなく、そのようにお考えにならないようお願いいたします。

DMCA とは

DMCA および記載されるポリシーのいくつかを理解するためには、その制定前の時代を考えることが一番かもしれません。

DMCA は、ユーザーが生成したコンテンツをホストするサービスプロバイダーにとってのセーフハーバーです。 著作権侵害の賠償請求 1 件でも最高 15 万ドルの法定損害賠償を受ける可能性があるため、ユーザが生成したコンテンツに対して責任を問われるリスクは、サービスプロバイダーにとって多大な悪影響をもたらす可能性をはらんでいます。 潜在的な損害が膨大な数のユーザ分だけ増大することから、YouTube、Facebook、または GitHub などのクラウドコンピューティングサイトやユーザ生成コンテンツサイトは、恐らく DMCA をなくして (または、せめてそういったコストの一部でも下流のユーザに転嫁しない限り) 存在しえなかったでしょう。

DMCA は、著作権を侵害しているとされるユーザ生成コンテンツをホストするサービスプロバイダーに対して、著作権責任のセーフハーバーを作ることでこの問題に対処しています。 基本的には、サービスプロバイダーが DMCA の通知と削除の規定に従っている限り、ユーザ生成コンテンツに基づく著作権侵害について責任を問われることはありません。 このため、GitHub にとって DMCA のセーフハーバーの状態を保つことは重要です。

DMCA 通知の要約

DMCA には、GitHub ユーザ全員が知るべきごく簡単な手順が 2 つ用意されています。(i) 著作権所有者がコンテンツ削除を要求する削除通知の手順。(ii) コンテンツが誤りあるいは誤認により削除された場合ユーザがコンテンツを再有効化するためのカウンター通知の手順。

DMCA 削除通知は、著作権を侵害していると考えるコンテンツを削除するよう著作権所有者が GitHub に求めるために使用します。 ソフトウェアの設計者や開発者であれば、著作権で保護されたコンテンツを毎日作成します。 もしその著作権で保護されたコンテンツを誰かが GitHub 上で不正に使用した場合、著作権を侵害しているコンテンツを変更または削除するよう依頼する DMCA 削除通知をわたしたちに送っていただけます。

一方で、カウンター通知は誤りを正すために使用できます。 削除通知を送信した人が著作権を所有していないことや、あなたがライセンスを保有していることを知らないことや、削除通知にその他の間違いがある可能性があります。 通常、何らかの間違いがあっても GitHub が気付くことはできないため、DMCA カウンター通知でそのことをお知らせいただき、コンテンツを元に戻すようご要望いただけます。

DMCA の通知と削除のプロセスは、著作権侵害に関する申し立てにのみ使用すべきものです。 DMCA プロセスを通じて送信いただく通知では、侵害されているとされる著作権で保護されている内容を特定いただく必要があります。 このプロセスは、商標権侵害が疑われる場合や機密データに関する申し立てなど、他の申し立てには使用いただけません。このような状況については、別のプロセスをご用意しています。

A. DMCA の仕組み

DMCA の枠組みは授業でノートを渡すのに少し似ています。 著作権所有者がユーザに関する申し立てを GitHub に渡します。 正しく書かれていれば、その申し立てをユーザまで回します。 ユーザが申し立てに異議を唱えれば、そのように書いたノートを戻すことができます。 GitHub は、通知が DMCA の最低限の要件を満たしているか判断すること以外、このプロセスで自由裁量を行使することがほとんどありません。 通知が偽証の罰則を認識した上で作成されていることを念頭に、申し立てのメリットを評価するのは当事者 (およびその弁護士) に委ねられています。

以下はこのプロセスの基本的なステップです。

  1. 著作権所有者が調査します。 予備的調査は常に著作権所有者が行い、(a) 自らが原著作物の著作権を所有していること、(b) GitHub のコンテンツが不正使用であり著作権を侵害していること、のいずれも確認するものとします。 これには、その使用が公正な使用として保護されていないことの確認も含まれます。 著作権で保護されたコンテンツのほんの一部を使用しているだけの場合、変更を加えて使用している場合、教育的目的に使用している場合、またはこの組み合わせている場合には、公正な使用とされることがあります。 元々コードはそのように使用されやすいものであるため、それぞれの事例ごと違いがあり、個別に検討する必要があります。

    例: Acme Web Company の従業員が同社のコードの一部を GitHub リポジトリで見つけました。 Acme Web Company は同社のソースコードを信頼できる数社のパートナーに使用を許諾しています。 削除通知を提出する前に、Acme はそのような使用許諾と契約を見直し、GitHub 上のコードがそのいずれにも該当せず不正使用であることを確認する必要があります。

  2. Copyright Owner Sends A Notice. After conducting an investigation, a copyright owner prepares and sends a takedown notice to GitHub. Assuming the takedown notice is sufficiently detailed according to the statutory requirements (as explained in the how-to guide), we will post the notice to our public repository and pass the link along to the affected user.

  3. GitHub Asks User to Make Changes. If the notice alleges that the entire contents of a repository infringe, we will skip to Step 6 and disable the entire repository expeditiously. Otherwise, because GitHub cannot disable access to specific files within a repository, we will contact the user who created the repository and give them approximately 24 hours to delete or modify the content specified in the notice. We'll notify the copyright owner if and when we give the user a chance to make changes.

  4. User Notifies GitHub of Changes. If the user chooses to make the specified changes, they must tell us so within the approximately 24-hour window. If they don't, we will disable the repository (as described in Step 6). If the user notifies us that they made changes, we will verify that the changes have been made and then notify the copyright owner.

  5. Copyright Owner Revises or Retracts the Notice. If the user makes changes, the copyright owner must review them and renew or revise their takedown notice if the changes are insufficient. GitHub will not take any further action unless the copyright owner contacts us to either renew the original takedown notice or submit a revised one. If the copyright owner is satisfied with the changes, they may either submit a formal retraction or else do nothing. GitHub will interpret silence longer than two weeks as an implied retraction of the takedown notice.

  6. GitHub May Disable Access to the Content. GitHub will disable a user's content if: (i) the copyright owner has alleged copyright over the user's entire repository (as noted in Step 3); (ii) the user has not made any changes after being given an opportunity to do so (as noted in Step 4); or (iii) the copyright owner has renewed their takedown notice after the user had a chance to make changes. If the copyright owner chooses instead to revise the notice, we will go back to Step 2 and repeat the process as if the revised notice were a new notice.

  7. User May Send A Counter Notice. We encourage users who have had content disabled to consult with a lawyer about their options. If a user believes that their content was disabled as a result of a mistake or misidentification, they may send us a counter notice. As with the original notice, we will make sure that the counter notice is sufficiently detailed (as explained in the how-to guide). If it is, we will post it to our public repository and pass the notice back to the copyright owner by sending them the link.

  8. Copyright Owner May File a Legal Action. If a copyright owner wishes to keep the content disabled after receiving a counter notice, they will need to initiate a legal action seeking a court order to restrain the user from engaging in infringing activity relating to the content on GitHub. In other words, you might get sued. If the copyright owner does not give GitHub notice within 10-14 days, by sending a copy of a valid legal complaint filed in a court of competent jurisdiction, GitHub will reenable the disabled content.

B. What About Forks? (or What's a Fork?)

One of the best features of GitHub is the ability for users to "fork" one another's repositories. What does that mean? In essence, it means that users can make a copy of a project on GitHub into their own repositories. As the license or the law allows, users can then make changes to that fork to either push back to the main project or just keep as their own variation of a project. Each of these copies is a "fork" of the original repository, which in turn may also be called the "parent" of the fork.

GitHub will not automatically disable forks when disabling a parent repository. This is because forks belong to different users, may have been altered in significant ways, and may be licensed or used in a different way that is protected by the fair-use doctrine. GitHub does not conduct any independent investigation into forks. We expect copyright owners to conduct that investigation and, if they believe that the forks are also infringing, expressly include forks in their takedown notice.

C. What If I Inadvertently Missed the Window to Make Changes?

We recognize that there are many valid reasons that you may not be able to make changes within the approximate 24-hour window we provide before your repository gets disabled. Maybe our message got flagged as spam, maybe you were on vacation, maybe you don't check that email account regularly, or maybe you were just busy. We get it. If you respond to let us know that you would have liked to make the changes, but somehow missed the first opportunity, we will re-enable the repository one additional time for approximately 24 hours to allow you to make the changes. Again, you must notify us that you have made the changes in order to keep the repository enabled after that 24-hour window, as noted above in Step A.4. Please note that we will only provide this one additional chance.

D. Transparency

We believe that transparency is a virtue. The public should know what content is being removed from GitHub and why. An informed public can notice and surface potential issues that would otherwise go unnoticed in an opaque system. We post redacted copies of any legal notices we receive (including original notices, counter notices or retractions) at https://github.com/github/dmca. We will not publicly publish your personal contact information; we will remove personal information (except for usernames in URLs) before publishing notices. We will not, however, redact any other information from your notice unless you specifically ask us to. Here are some examples of a published notice and counter notice for you to see what they look like. When we remove content, we will post a link to the related notice in its place.

Please also note that, although we will not publicly publish unredacted notices, we may provide a complete unredacted copy of any notices we receive directly to any party whose rights would be affected by it.

E. Repeated Infringement

It is the policy of GitHub, in appropriate circumstances and in its sole discretion, to disable and terminate the accounts of users who may infringe upon the copyrights or other intellectual property rights of GitHub or others.

F. Submitting Notices

If you are ready to submit a notice or a counter notice:

Learn More and Speak Up

If you poke around the Internet, it is not too hard to find commentary and criticism about the copyright system in general and the DMCA in particular. While GitHub acknowledges and appreciates the important role that the DMCA has played in promoting innovation online, we believe that the copyright laws could probably use a patch or two—if not a whole new release. In software, we are constantly improving and updating our code. Think about how much technology has changed since 1998 when the DMCA was written. Doesn't it just make sense to update these laws that apply to software?

We don't presume to have all the answers. But if you are curious, here are a few links to scholarly articles and blog posts we have found with opinions and proposals for reform:

GitHub doesn't necessarily endorse any of the viewpoints in those articles. We provide the links to encourage you to learn more, form your own opinions, and then reach out to your elected representative(s) (e.g, in the U.S. Congress or E.U. Parliament) to seek whatever changes you think should be made.

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください