ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

プルリクエストのマージ可能性を定義

保護されたブランチは、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用できます。詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

プルリクエストをマージ可能にするための条件として、一連のチェックに合格することを必須とすることができます。 たとえば、ステータスチェックに合格しないプルリクエストをブロックすることができます。あるいは、プルリクエストを承認するレビューが一定数に達していなければマージできないようにすることができます。

保護されたブランチについて

保護されたブランチは、リポジトリのコラボレーターが回復不能な変更をブランチに行えないようにしてくれます。 保護されたブランチを有効にすると、ステータスチェック必須やレビュー必須といった他のオプションのチェックや必須事項を有効にすることもできるようになります。

保護されたブランチを設定する

リポジトリのオーナーか、リポジトリの管理者権限がある場合、リポジトリのブランチ保護をカスタマイズし、2 つ以上のプルリクエストレビューを要求したり、プルリクエストのマージを許可する前に特定のステータスチェックを必須としたりするなど、特定のワークフローを強制できます。

必須ステータスチェックについて

必須ステータスチェックにより、コラボレータが保護されたブランチに変更を加える前に、すべての必須 CI テストにパスしていることが保証されます。

必須ステータスチェックのタイプ

必須ステータスチェックのタイプは、loosestrict のいずれかに設定できます。必須ステータスチェックのタイプにより、あなたのブランチが、マージできるための条件として、ベースブランチとの関係で最新であることを必須とするかどうかが決まります。

必須ステータスチェックを有効にする

リポジトリ管理者は、ブランチがプルリクエストでマージされる前、あるいはローカルブランチへのコミットが保護されたリモートブランチへプッシュされる前に、必須ステータスチェックを強制することができます。

ブランチ制限について

Organizationに属するリポジトリ内のブランチは、特定のユーザもしくはチームだけがそのブランチへのプッシュを行えるように設定できます。

ブランチ制限の有効化

Organization のオーナー、および Organization 所有のリポジトリの管理者権限を持つユーザは、ブランチ制限を強制して特定のユーザまたはチームのみが保護されたブランチにプッシュできるようにできます。

プルリクエストの必須レビューについて

必須レビューにより、保護されたブランチにコラボレーターが変更を加える前にプルリクエストが指定された数の承認レビューを得ることが保証されます。

プルリクエストの必須レビューを有効にする

リポジトリの管理者は、必須レビューを施行し、プルリクエストのマージ前に特定の数の承認レビューが必要になるようにできます。

必須コミット署名について

コミット署名を必須にすると、コラボレータが保護されたブランチにプッシュできるのは検証された署名済みのコミットのみになります。

必須コミット署名を有効にする

リポジトリ管理者は、ブランチでコミット署名を必須として、署名および検証されていないすべてのコミットをブロックできます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください