ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

リリースの作成

パッケージソフトウェア、リリースノート、バイナリファイルを他の人が使用できるように提供するリリースを作成できます。

GitHub Marketplaceの特定のリリースから GitHub Actionを発行できます。 詳細は GitHub 開発者ドキュメンテーション の「アクションを GitHub Marketplace で公開する」を参照してください。

メモ: リポジトリへの書き込みアクセスのあるユーザだけがリリースのドラフトを閲覧できます。 詳しい情報については、以下を参照してください。

  1. GitHub で、リポジトリのメインページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下で [Releases] をクリックします。

    リリースタブ

  3. [Draft a new release] をクリックします。

    新しいリリースのドラフトを作成するボタン

  4. リリースのバージョン番号を入力します。 バージョンは Git タグに基づきます。 名前付けタグはセマンティック バージョニング に準じることをおすすめします。

    タグ付きバージョンのリリース

  5. ドロップダウンメニューを使い、リリース対象のプロジェクトを含むブランチを選択します。

    タグ付きブランチのリリース

  6. リリースのタイトルと説明を入力します。

    リリースの説明

  7. オプションで、コンパイルされたプログラムなどのバイナリファイルをリリースに含めるには、ドラッグアンドドロップするかバイナリボックスで手動で選択します。

    リリースに DMG ファイルを含める

  8. リリースが不安定であり、運用準備ができていないことをユーザに通知するには、[This is a pre-release] を選択します。

    リリースをプレリリースとしてマークするチェックボックス

  9. リリースを公開する準備ができている場合は、[Publish release] をクリックします。 リリースの作業を後でする場合は、[Save draft] をクリックします。

    [Publish release] と [Save draft] ボタン

リリースを自動的に作成

コマンドラインから、またはスクリプトでリリースを自動的に作成したい場合は、GitHub 開発者ドキュメンテーション の「リリース」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください