ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

GitHub でのリポジトリの作成

リポジトリを GitHubに作成した後で、その設定およびコンテンツをカスタマイズできます。

リポジトリについて

2 種類の Gist、つまりパブリックとシークレットを作成できます。 自分のアイデアを共有する準備ができていればパブリック Gist を、まだの場合はシークレット Gist を作成します。

新しいリポジトリの作成

Gists は Git リポジトリです。つまり、オリジナルの作者でなくても Gist をフォークしたりクローンしたりできます。 diff など、Gist の完全なコミット履歴を見ることもできます。

テンプレートからリポジトリを作成する

リポジトリは、プロジェクトのフォルダーのようなものです。 プロジェクトのリポジトリにはプロジェクトのすべてのファイルが含まれ、各ファイルのリビジョン履歴が保存されます。 プロジェクトの作業をリポジトリ内で議論し、管理することもできます。

READMEについて

個人アカウントや必要な権限を持つどのような Organization にも新しいリポジトリを作成できます。

コードオーナーについて

既存のリポジトリと同じディレクトリ構造およびファイルで、新しいリポジトリを作成できます。

リポジトリの言語について

リポジトリにREADMEファイルを追加して、そのプロジェクトがなぜ有益なのか、そのプロジェクトで何ができるか、そのプロジェクトをどのように使えるかを他者に伝えることができます。

リポジトリのライセンス

CODEOWNERS ファイルを使い、リポジトリ中のコードに対して責任を負う個人あるいは Team を指定できます。

テンプレートリポジトリを作成する

リポジトリ内のファイルやディレクトリが、リポジトリを構成する言語を決定します。 リポジトリの言語を見れば、そのリポジトリの簡単な概要が得られます。

Issue だけのリポジトリの作成

GitHub のパブリックリポジトリは、オープンソース ソフトウェアの共有にも頻繁に利用されています。 リポジトリを真にオープンソースにしたければ、他のユーザが自由にそのソフトウェアを使用でき、変更や配布もできるように、ライセンスを付与する必要があります。

リポジトリでコンテンツと diff の表示を制限する

既存のリポジトリをテンプレート化して、あなたや他の人が、同じディレクトリ構造やファイルで新しいリポジトリ作成するようにすることができます。

リポジトリを複製する

GitHubでは Issue に限定されたアクセス権限は存在しませんが、Issue 専用のリポジトリを作成すれば、実質的にそのようなアクセス権限を設定できます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください