ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

新しいリポジトリの作成

個人アカウントや必要な権限を持つどのような Organization にも新しいリポジトリを作成できます。

参考: オーナーは Organization でのリポジトリの作成権限を制限できます。 詳しい情報については「Organization でのリポジトリ作成の制限」を参照してください。

  1. 任意のページの右上で をクリックし、続いて [New repository] をクリックします。

    新規リポジトリの作成オプションを持つドロップダウン

  2. また、既存のリポジトリのディレクトリ構造とファイルを持つリポジトリを作成するには、[Choose a template] ドロップダウンでテンプレートリポジトリを選択します。 あなたが所有するテンプレートリポジトリ、あなたがメンバーとして属する Organization が所有するテンプレートリポジトリ、使ったことがあるテンプレートリポジトリが表示されます。 詳しい情報については「テンプレートからリポジトリを作成する」を参照してください。

    [Template] ドロップダウンメニュー

  3. [Owner] ドロップダウンリストで、リポジトリを作成するアカウントを選択します。

    [Owner] ドロップダウンメニュー

  4. リポジトリ名と、必要に応じて説明を入力してください。

    リポジトリの作成フィールド

  5. リポジトリをパブリックにするかプライベートにするかを選択します。パブリックなリポジトリはパブリックに見ることができますが、プライベートリポジトリはあなたとあなたがリポジトリを共有した人々だけがアクセスできます。詳細は「リポジトリの可視性を設定する」を参照してください。

    プライベートあるいはパブリックのステータスを選択するラジオボタン

  6. テンプレートを使っていない場合、リポジトリに自動入力できる数多くのオプションアイテムがあります。 既存のリポジトリを GitHubにインポートする場合は、このようなオプションはどれも選択しないでください。マージコンフリクトが起きる可能性があります。 ユーザインターフェースを使用して新しいファイルを追加または作成する、またはコマンドラインを使用して後で新しいファイルを追加することができます。 詳細は「コマンドラインを使って Git リポジトリをインポートする」、「コマンドラインを使ってリポジトリにファイルを追加する」、「マージコンフリクトに対処する」を参照してください。

    • 自分のプロジェクトについて説明するドキュメントである README を作成できます。 詳しい情報については「README について」を参照してください。
    • 無視するルールを記載した .gitignore ファイルを作成できます。 詳細は「ファイルを無視する」を参照してください。
    • 自分のプロジェクトにソフトウェアライセンスを追加することができます。 詳しい情報については「リポジトリのライセンス」を参照してください。
  7. 作成している個人アカウントもしくはOrganizationがGitHub MarketplaceのGitHub Appを使っているなら、リポジトリで使いたいアプリケーションを選択することもできます。

    アカウントが持っているGitHub MarketplaceからのGitHub Appのリストと、アクセス許可のオプション

  8. 完了したら、[Create repository] をクリックします。

  9. 表示された Quick Setup ページの下部、[Import code from an old repository] の下で、プロジェクトを自分の新しいリポジトリにインポートできます。 これを行うには、[Import code] をクリックします。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください