ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization の代理でコミットを作成する

コミットのメッセージにトレーラーを追加することで、Organization の代理でコミットを作成できます。 Organization に属するコミットには、GitHub で on-behalf-of というバッジが付きます。

メモ: Organization の代理でコミットを作成する機能は、現在パブリックベータであり、変更されることがあります。

Organization の代理でコミットを作成するには、以下の条件を満たす必要があります:

Organization は、オープンソースの取り組みにおいて、name@organization.com のメールアドレスを公開連絡先として使うことができます。

コマンドラインで on-behalf-of バッジを付けてコミットを作成する

  1. コミットメッセージと、変更についての短く意味のある説明を入力してください。コミットの説明のあとには、閉じる引用符の代わりに、2 つの空の行を追加してください。

    $ git commit -m "Refactor usability tests.
    >
    >

*参考: コミットメッセージの入力にコマンドライン上のテキストエディタを使っているなら、コミットの説明とコミットのトレイラーの Co-authored-by: の間に 2 行が挟まれていることを確認してください。

  1. コミットメッセージの次の行に、on-behalf-of: @org <name@organization.com> と入力して、引用符で閉じます。

    $ git commit -m "Refactor usability tests.
    >
    >
    on-behalf-of: @org <name@organization.com>"

次回のプッシュ時に、GitHub に新たなコミット、メッセージ、およびバッジが表示されます。 詳細は「リモートリポジトリに変更をプッシュする」を参照してください。

GitHub で on-behalf-of バッジを付けてコミットを作成する

GitHub のウェブエディタでファイルを変更してから、コミットのメッセージに on-behalf-of: トレーラーを追加することで、Organization の代理でコミットを作成できます。

  1. 変更を行った後は、ページの下部に、変更について説明する、短くて意味のあるコミットメッセージを入力します。

    変更のコミットメッセージ

  2. コミットメッセージの下にあるテキストボックスに、on-behalf-of: @org <name@organization.com> を追加します。

    2 つ目のコミットメッセージテキストボックスにある、代理コミットメッセージのトレーラー例

  3. [Commit changes] または [Propose changes] をクリックします。

GitHub に新たなコミット、メッセージ、およびバッジが表示されます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください