ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ワークフローを設定する

ワークフローを設定する

リポジトリへの書き込みまたは管理者権限がある場合は、リポジトリのワークフローを作成、表示および編集できます。 ワークフローに含めるアクションの種類に応じて、ワークフローの設定をカスタマイズできます。

ワークフローの実行の管理

ワークフローの各ステップのステータスと結果を表示する、保留中のワークフローをキャンセルする、失敗したワークフローをデバッグして再実行する、ログを検索してダウンロードする、アーチファクトをダウンロードするなどが可能です。

GitHub Actionsのワークフロー構文

リポジトリにワークフローファイルを追加すると、ソフトウェア開発のライフサイクルを自動化するカスタムの自動プロセスを作成することができます。

ワークフローをトリガーするイベント

You can configure your workflows to run when specific activity on GitHub happens, at a scheduled time, or when an event outside of GitHub occurs.

GitHub Actionsの仮想環境

GitHubは、ホストされた仮想マシンを使用してワークフローを実行します。 仮想マシンには、GitHub Actionsで使用できるツール、パッケージ、および設定の環境が含まれています。

Software in virtual environments for GitHub Actions

この記事は、GitHub Actions の仮想環境で利用できるパッケージおよびツールのリファレンスです。

Contexts and expression syntax for GitHub Actions

You can access context information and evaluate expressions in workflows and actions.

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください