ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

GitHub Pages の公開ソースを設定する

GitHub Pages は、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用いただけます。詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

サイトのソースファイルを、mastergh-pages、または /docs フォルダから、特定の条件に当てはまる Project Pages やその他の Pages サイトで master ブランチのフォルダに公開するよう GitHub Pages を設定できます。

サイトがユーザまたは Organization Page で、<username>.github.io

または<orgname>.github.io

という名前のリポジトリがある場合は、サイトのソースファイルを別の場所に公開できません。 この類のリポジトリ名を持つユーザおよび Organization Pages は、master ブランチからのみ公開されます。

さまざまな種類の GitHub Pages サイトに関する詳しい情報については、「ユーザ、Organization、およびプロジェクト Pages」を参照してください。

ユーザ名命名規則のないリポジトリの、デフォルトのソース設定

サイトのソースファイル公開に関するデフォルト設定は、サイトの種類と、サイトリポジトリにあるブランチによって異なります。

サイトリポジトリに master または gh-pages ブランチがない場合、GitHub Pages公開ソースは [None] に設定され、サイトは公開されません。

none-source-setting

master または gh-pages ブランチを作成すれば、それを公開ソースに設定して、サイトを公開できます。

master または gh-pages ブランチのみのサイトリポジトリをフォークまたはアップロードすると、そのブランチに対してサイトのソース設定が自動的に有効になります。

GitHub Pages が master または gh-pages からサイトを公開できるようにする

master または gh-pages を公開ソースとして選択するには、そのブランチがリポジトリに存在する必要があります。 master または gh-pages ブランチがない場合は、それらを作成してからソース設定に戻り、公開ソースを変更できます。

  1. GitHub上で GitHub Pagesサイトのリポジトリにアクセスします。

  2. リポジトリ名の下で [Settings] をクリックします。

    リポジトリの設定ボタン

  3. [Select source] ドロップダウンメニューで、GitHub Pages の公開ソースとして master または gh-pages を選択します。

    select-gh-pages-or-master-as-source

  4. Saveをクリックします。

    click-save-next-to-source-selection

master ブランチの /docs フォルダから GitHub Pages サイトを公開する

master ブランチの /docs フォルダからソースファイルを公開するには、master ブランチがあり、かつリポジトリが以下の条件を満たす必要があります:

または<orgname>.github.io

に従っていない

GitHub Pagesは、サイトを公開するため、/docs フォルダから CNAME ファイルを含むすべてを読み込みます。 たとえば、GitHub Pages設定からカスタムドメインを編集すると、そのカスタムドメインは /docs/CNAME に書き込まれます。

参考: 有効化した後に /docs フォルダを master ブランチから削除すると、サイトはビルドされず、/docs フォルダがないためページをビルドできないというエラーメッセージが表示されます。

  1. GitHub上で GitHub Pagesサイトのリポジトリにアクセスします。

  2. master ブランチでリポジトリのルートに /docs という名前のフォルダを作成します。

  3. リポジトリ名の下で [Settings] をクリックします。

    リポジトリの設定ボタン

  4. [Select source] ドロップダウンメニューから、GitHub Pages公開ソースとして master branch /docs folder を選択します。

    select-master-branch-docs-folder-as-source

    参考: /docs フォルダが master ブランチに存在しない場合、master branch /docs folder はオプションとして表示されません。

  5. Saveをクリックします。

    click-save-next-to-master-branch-docs-folder-source-selection

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください