ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

大容量ファイルの制限

GitHubでは、50 MBより大きいファイルをプッシュしようとすると警告が表示されます。 100 MBより大きなファイルはプッシュできません。

参考: 定期的に大きなファイルを GitHub にプッシュするなら、Git Large File Storage (Git LFS) をワークフローの一部として導入することを検討してください。Git LFS は GitHub Flow ともうまく動作し、種類を問わずどのような大きいファイルでも利用できます。詳細は「大きなファイルのバージョン付け」を参照してください。

50 MBのプッシュ警告

GitHub にプッシュするとき、50 MB より大きいファイルを追加または更新すると、警告またはエラーメッセージが表示されます。

警告では、どのファイルが大きすぎるかが以下のように示されます:

> remote: warning: Large files detected.
> remote: warning: File big_file is 55.00 MB; this is larger than GitHub's recommended maximum file size of 50 MB

ファイル big_file を含めてプッシュすると、GitHubのリポジトリでは一応受信されて保存されますが、このファイルおよびコミット全体を削除することを検討すべきです。

100 MBのプッシュ制限

100 MBより大きいファイルを GitHubにプッシュすると、Git はそのプッシュを拒否し、どのファイルが大きすぎるかを以下のように示します。

> remote: warning: Large files detected.
> remote: error: File giant_file is 123.00 MB; this exceeds GitHub's file size limit of 100 MB

このプッシュは giant_file であるため拒否されました。 このコミットは、GitHubのリポジトリに保存されません。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください