ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

Git Large File Storage でのコラボレーション

Git LFSを有効にすると、大容量のファイルも Git で扱う通常のファイルと同じようにフェッチ、修正、プッシュできます。 ただし、Git LFSを持っていないユーザの場合、ワークフローが異なります。

リポジトリのコラボレーターが Git LFSをインストールしていない場合、オリジナルの大容量ファイルにはアクセスできません。 リポジトリのクローンを試みた場合、ポインタファイルをフェッチするのみで、実際のデータにはアクセスできません。

参考: Git LFSを有効にしていないユーザに対しては、大きなファイルの扱いについて記載したリポジトリコントリビューターのためのガイドラインを設定することをお勧めします。 たとえば、大容量ファイルを修正しないように、あるいは DropboxGoogle Drive といったファイル共有サービスに変更をアップロードするように、コントリビューターに依頼するとよいでしょう。

プルリクエストの大容量ファイルを表示する

GitHubは、プルリクエストの Git LFSオブジェクトを表示しません。 ポインタファイルのみが表示されます:

大容量ファイルのプルリクエスト例

大容量ファイルに行った変更を表示するには、プルリクエストをローカルでチェックアウトして diff をレビューしてください。

大容量ファイルをフォークにプッシュする

リポジトリのフォークに大容量ファイルをプッシュすると、フォークのオーナーのではなく、親リポジトリの、帯域幅およびストレージのクオータを消費することになります。

リポジトリネットワークですでに Git LFSオブジェクトがあるか、リポジトリネットワークのルートに書き込みアクセスがある場合、パブリックフォークに Git LFSオブジェクトをプッシュできます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください