ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

スポンサード開発者になる

スポンサード開発者になるには、GitHub Sponsors に参加し、スポンサード開発者プロフィールに必要事項をすべて記入し、スポンサーシップ層を作成し、銀行口座情報と納税フォームをサブミットし、GitHub アカウントで 2 要素認証を有効にします。

ノート: GitHubアカウントを持つ人は、スポンサーになることができます。スポンサーされている開発者について、GitHub Sponsorsは限定ベータで変更されることがあります。

本記事の内容:

GitHub Sponsors に参加する現在少数のスポンサード開発者が限定ベータに参加しています。 オープンソースプロジェクトにコントリビュートしている人は誰でも、将来スポンサード開発者になる資格があります。 コントリビューションにはバグレポート、Issueのトリアージ、コード、ドキュメンテーション、リーダーシップ、ビジネス開発、プロジェクト管理、メンターシップ、設計などがありますが、これだけに限定されません。 スポンサード開発者の次のベータフェーズへのアクセスを求めるには、GitHub Sponsorsの待ちリストに加わってください。

GitHub Sponsors への招待を受信したら、スポンサード開発者になるため、以下のステップを実行してください。

  1. GitHub Sponsorsにアクセスしてください。

  2. [Become a sponsored developer] をクリックします。

    [Become a sponsored developer] ボタン

  3. プロンプトに従って連絡先を記入します。

  4. GitHub Sponsors 追加条項およびGitHub のプライバシーについての声明を確認してから、[Submit contact information] をクリックします。

スポンサード開発者プロフィールを記入する

GitHub の右上で、プロフィール画像をクリックし、続いて [Your profile(あなたのプロフィール)] をクリックします。 プロフィール画像

  1. 名前の下で[Sponsor dashboard]をクリックしてください。

    スポンサーダッシュボードボタン

  2. 左のサイドバーで[Profile]をクリックしてください。

    プロフィールタブ

  3. [Introduction]で、スポンサーシップで何を行うかについて説明を入力してください。

    紹介のテキストフィールド

  4. [Save]をクリックしてください。

    保存ボタン

スポンサーシップ層を作成する

スポンサード開発者は、スポンサーが選択できるスポンサーシップ層を最大で10層作成できます。各層にはそれぞれの月次支払い額と、たとえば新しいバージョンへのアーリーアクセスやプロジェクトのREADMEへの記載といった利点があります。

ある層にスポンサーが付くと、その層の価格は編集できなくなります。その代わりには、その層を破棄して新しい層を作成しなければなりません。既存のスポンサーは、スポンサーシップ層を変更するか、スポンサーシップをキャンセルするまで、破棄された層に残ったままになります。

最高の価格は月あたり$6000です。

GitHub の右上で、プロフィール画像をクリックし、続いて [Your profile(あなたのプロフィール)] をクリックします。 プロフィール画像

  1. 名前の下で[Sponsor dashboard]をクリックしてください。

    スポンサーダッシュボードボタン

  2. 左のサイドバーで[Sponsor tires]をクリックしてください。

    スポンサー層タブ

  3. ページの下部で[Add a tire]をクリックしてください。

    層の追加ボタン

  4. その層の月次の課金額と説明を入力してください。

    課金額と説明のテキストフィールド

  5. [Save draft]をクリックしてください。

    ドラフトの保存ボタン

  6. 層の内容を確認して、[Publish tire]をクリックしてください。

    層の公開ボタン

  7. 提供したい層をすべて公開するまで、ステップ 4 - 7 を繰り返してください。

銀行口座情報および納税フォームをサブミットする

GitHub Sponsors に参加後は、銀行口座情報と納税フォームをサブミットする手順が書かれたメールが送信されます。

支払いは、あなたが届け出た銀行口座に Stripe Connect、ACH、または電信で送金されます Stripe Connect を利用する資格がある場合、GitHub Sponsors ダッシュボード概要に Stripe Connect アカウントを作成するオプションが表示されます。

現在のところ、Stripe Connect での支払いは以下で利用できます。

  • オーストラリア
  • オーストリア
  • ベルギー
  • カナダ
  • デンマーク
  • エストニア
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ギリシャ
  • 中国・香港特別行政区
  • アイルランド
  • イタリア
  • 日本
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ルクセンブルグ
  • オランダ
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • シンガポール
  • スロバキア
  • スロベニア
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • 英国
  • 米国

Stripe Connect アカウントに申請する際は、情報がすべて正しいことを確認してから提出してください。 申請を提出した後は、氏名、誕生日などの識別情報を更新することは困難です。

記入すべき納税フォームについての詳細は、以下を参照してください:

GitHub アカウントで 2 要素認証 (2FA) を有効にする

スポンサード開発者になるには、GitHub アカウントで 2FA を有効にする必要があります。 詳しい情報については「2 要素認証の設定」を参照してください。

GitHub に申請をサブミットして承認を求める

申請をサブミットして承認を求める前に、以下を行う必要があります:

GitHub の右上で、プロフィール画像をクリックし、続いて [Your profile(あなたのプロフィール)] をクリックします。 プロフィール画像

  1. 名前の下で[Sponsor dashboard]をクリックしてください。

    スポンサーダッシュボードボタン

  2. 左サイドバーで、スポンサード開発者のプロフィールとスポンサーシップ層を確認します。

    [Profile] タブと [Sponsor tiers] タブ

  3. [Request approval] をクリックします。

    [Request approval] ボタン

GitHub があなたの申請を確認するには、数日間かかる場合があります。 申請が承認されると、あなたのプロフィールは [ GitHub Sponsors

](https://github.com/sponsors) 上に自動的に作成されます。

支払いを受け取る前に、銀行口座情報および納税フォームをサブミットする必要があります。 詳細は「銀行口座情報および納税フォームをサブミットする」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください