ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

リポジトリのバックアップ

APIまたはサードパーティのツールを使用して、リポジトリをバックアップできます。

リポジトリのアーカイブをダウンロードするには、ユーザあるいは Organization のマイグレーション用の API が利用できます。 詳しい情報については GitHub 開発者ドキュメンテーションの中のマイグレーションを参照してください。

アーカイブがダウンロードできたなら外部ハードディスクにコピーするか、Google Driveあるいは Dropboxなどのクラウドベースのバックアップサービスにアップロードしてください。

サードパーティのバックアップツール

リポジトリのバックアップを自動化するセルフサービスのツールはたくさんあります。 GitHub上のすべてのパブリックリポジトリをアーカイブするアーカイブプロジェクトとは異なり、バックアップツールはデータを特定のリポジトリからダウンロードし、新しいブランチあるいはディレクトリに構成します。

リポジトリのすべての Git データ (プロジェクトファイルやコミット履歴) は、GitHubからのデータの大部分 (Issue やプルリクエストなど) と共に BackHubでバックアップできます。BackHub は、リポジトリの日次の循環バックアップを、最大で 30 日までさかのぼったスナップショットと共に作成します。 BackHub は GitHub Marketplaceから利用できます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください