ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

GPG キーとメールの関連付け

GPG キーは、コミッタのアイデンティティとマッチする GitHub が検証済みのメールと関連づけられなければなりません。

コミッタのアイデンティティと GitHubアカウントに関連付けられた検証済みのメールアドレスに一致する GPG キーを使っている場合、コミットやタグへの署名を始めることができます。

  1. ターミナルターミナルGit Bashターミナル を開いてください。

  2. 公開鍵と秘密鍵をどちらも持っているGPGキーのリストを表示するには、 gpg --list-secret-keys --keyid-format LONGコマンドを使ってください。 コミットやタグに署名するには秘密鍵が必要です。

$ gpg --list-secret-keys --keyid-format LONG

ノート:LinuxのGPG環境の中には、既存のキーのリストを表示させるためにgpg2 --list-keys --keyid-format LONGとしなければならないものもあります。 この場合、git config --global gpg.program gpg2と実行してGitがgpg2を使うように設定する必要もあります。

1. GPG キーのリストから、使いたい GPG キーの ID をコピーしてください。以下の例では、GPG キーの ID は `3AA5C34371567BD2` です:
$ gpg --list-secret-keys --keyid-format LONG
/Users/hubot/.gnupg/secring.gpg
------------------------------------
sec   4096R/3AA5C34371567BD2 2016-03-10 [expires: 2017-03-10]
uid                          Hubot 
ssb   4096R/42B317FD4BA89E7A 2016-03-10
  1. gpg --edit-key GPG key ID と入力してください。GPG key ID は使いたいキーの ID で置き換えてください。 以下の例では、GPG キー ID は 3AA5C34371567BD2 です。

    $ gpg --edit-key 3AA5C34371567BD2
  2. gpg> adduid と入力して、ユーザ ID の詳細を追加してください。

    $ gpg> adduid
  3. プロンプトに従って、本名、メールアドレス、あればコメントを入力してください。 エントリーは、NCE を選択して変更できます。 メールアドレスをプライベートにしておくには、GitHub が提供する no-reply メールアドレスを使ってください。

    詳細は「コミットメールアドレスを設定する」を参照してください。

    Real Name: OctocatEmail address: octocat@github.comComment: GitHub keyChange (N)ame, (C)omment, (E)mail or (O)kay/(Q)uit?
  4. O を入力して選択した内容を保存してください。

  5. キーのパスフレーズを入力してください。

  6. gpg --armor --export GPG key ID と入力してください。GPG key ID は使いたいキーの ID で置き換えてください。 以下の例では、GPG キー ID は 3AA5C34371567BD2 です。

    $ gpg --armor --export 3AA5C34371567BD2# ASCII armor 形式で GPG キーを出力する
  7. GPG キーを GitHub アカウントに追加することで、GPG キーをアップロードしてください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください