ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

SCIM について

SAMLシングルサインオンはGitHub Enterprise Cloudで利用できます。詳しい情報についてはGitHubの製品を参照してください。

System for Cross-domain Identity Management (SCIM) を使うと、管理者はユーザの識別情報のシステム間での交換を自動化できます。

SAML SSO を Organization 内で使うと、Organization のメンバーの GitHubへのアクセスの追加、管理、削除のための SCIM を実装できます。 たとえば、管理者は Organization のメンバーのデプロビジョニングに SCIM を使い、自動的にメンバーを Organization から削除できます。

SCIM を実装せずに SAML SSL を使った場合、自動のプロビジョニング解除は行われません。 Organization のメンバーのアクセスが ldP から削除された後、セッションの有効期限が切れても、そのメンバーは Organization から自動的には削除されません。 認証済みのトークンにより、セッションが期限切れになった後も Organization へのアクセスが許可されます。 アクセスを削除するには、Organization の管理者は手動で認証済みのトークンを Organization から削除するか、その削除を SCIM で自動化します。

GitHub の SCIM API と連携できるアイデンティティプロバイダとして、以下のものがあります。 詳しい情報についてはGitHubAPI ドキュメンテーション中のSCIM を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください