ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

必須コミット署名について

保護されたブランチは、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用できます。詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

コミット署名を必須にすると、コラボレータが保護されたブランチにプッシュできるのは検証された署名済みのコミットのみになります。

リポジトリでブランチ保護を強制している場合、必須コミット署名をセットアップできます。 詳しい情報については保護されたブランチの設定を参照してください。

When you enable required commit signing on a branch, contributors and bots can only push local commits to the branch if they are signed and verified. Contributors and bots can merge signed and verified commits using the using the GitHub web interface. コミットへの署名に関する詳しい情報については「コミット署名の検証について」を参照してください。

メモ: ブランチで必須コミット署名を有効化すると、コントリビュートするのが難しくなります。 コラボレータが、未署名のコミットを、必須コミット署名が有効化されたブランチにプッシュすると、コラボレータは検証済み署名を含めるためにコミットをリベースし、書き直したコミットをブランチにフォースプッシュしなければなりません。

リポジトリの管理者は、署名・検証されていないローカルコミットをプッシュできますが、管理者にもコミット署名を義務付けることが可能です。 詳しい情報については必須コミット署名の有効化を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください