ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

スポンサー付き開発者のための GitHub Sponsors について

オープンソースプロジェクトに貢献すれば、スポンサー付き開発者となって、作業に対する報酬を得られます。

ノート: GitHubアカウントを持つ人は、スポンサーになることができます。スポンサーされている開発者について、GitHub Sponsorsは限定ベータで変更されることがあります。

限定ベータには、現在少数のスポンサード開発者がいます。オープンソースプロジェクトにコントリビュートしている人は、将来スポンサード開発者になることができます。コントリビューションにはバグの報告、Issueのトリアージ、コード、ドキュメンテーション、マネージャ、ビジネス開発、プロジェクト管理、メンターシップ、設計が含まれますが、これらに限られるわけではありません。スポンサード開発者の次回のベータフェーズへのアクセスをリクエストするには、GitHub Sponsorsの待ちリストに加わってください。

スポンサード開発者は、スポンサーが選択できるスポンサーシップ層を最大で10層作成できます。各層にはそれぞれの月次支払い額と、たとえば新しいバージョンへのアーリーアクセスやプロジェクトのREADMEへの記載といった利点があります。

ある層にスポンサーが付くと、その層の価格は編集できなくなります。その代わりには、その層を破棄して新しい層を作成しなければなりません。既存のスポンサーは、スポンサーシップ層を変更するか、スポンサーシップをキャンセルするまで、破棄された層に残ったままになります。 詳細は「スポンサー付き開発者になる」および「スポンサーシップのレベルを変更する」を参照してください。

スポンサー付き開発者になった後は、あなたの GitHub Sponsors プロフィールやその他の資金獲得プラットフォームの認知度を高めるため、コントリビュートしているオープンソースリポジトリにスポンサーボタンを追加できます。 詳しい情報については「リポジトリにスポンサーボタンを表示する」を参照してください。

コミュニティへの資金提供を急加速するために、GitHubはGitHub Sponsors Matching Fundを立ち上げました。これはスポンサード開発者ごとに、初年度のスポンサーシップとして最大$5000をマッチングするものです。 初年度にはGitHubは課金をしないので、スポンサーシップの100%がスポンサード開発者にわたります。将来的には、通常の処理費を課金することがあります。

GitHub は、残高が 100 USD に達した月に支払いを行います。 GitHub Sponsors Matching Fund からの寄付については、この残高にカウントされません。 月末時点で残高が 100 USD を下回る場合には、月末時点の残高が 100 USD に達するまで、残高が翌月分に繰り越されます。 GitHub Sponsors から引き落とした場合は、残高が 100 USD を下回っていても、残高について GitHub 支払いを行います。 ひと月が終わった後で、支払いを受ける資格がある場合には、30 日以内にその支払いを受け取ります。 支払いは、GitHub Sponsors に応募した際に、あなたが届け出た銀行口座に ACH で送金されます。 詳しい情報については「スポンサー付き開発者になる」を参照してください。

開発者に限定ベータへの参加をすすめることもできます。開発者のGitHubプロフィールへのリンクを付けてopensource@github.comへメールを送ってください。これには開発者の連絡先の情報を付けることもできます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください