ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

GitHub PagesとJekyllについて

GitHub Pages は、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用いただけます。

通常のHTMLコンテンツのサポートに加えて、GitHub Pagesは広く使われている静的サイトジェネレータであるJekyllをサポートしています。

GitHub PagesはJekyllと深く統合されています。Jekyllは広く使われている静的サイトジェネレータで、blogとソフトウェアドキュメンテーション用に設計されていますが、それ以上に広く使われています。 Jekyllを使えば、サイト全体にわたるヘッダやフッタを各ページにコピーせずに簡単に作成できるようになります。 また、高度なテンプレート機能Jekyll テーマ選択画面で素早く新しい Jekyll サイトを作成する選択肢、Jekyll テーマのサポートも提供します。

GitHub Pagesは任意の静的サイトジェネレータと合わせて使えるように設計されていますが、Jekyllは多くのビルトインサポートがあり、GitHubが公式に詳細にドキュメント化している唯一の静的サイトジェネレータです。 GitHub Pagesを他の静的サイトジェネレータと使う方法に関する詳しい情報についてはJekyll以外の静的サイトジェネレータの利用を参照してください。

Jekyll の主な利点は以下のとおりです:

Jekyllのビルドプロセス

JekyllのGitHub Pagesでの単純化されたビルドプロセスは、他の静的サイトジェネレータの代わりにJekyllを使うことの最も大きな利点の1つです。 GitHub Pagesは、サイトのビルドプロセスをサイトの公開ブランチへの単一のプッシュで管理します。 以下がサイトを管理するためのJekyllのビルドプロセスです。

  1. ファイルの変更をpagesの公開ブランチにプッシュする
  2. GitHub Pagesがサイトを公開する。

ノート: 使用する公開ブランチは、所有するGitHub Pagesサイトの種類によります。

Jekyllのサイトの例

JekyllはGitHub Pages用に最も広く使われている静的サイトジェネレータです。 GitHub Pagesgemでの依存関係の管理、特定のビルド失敗のメッセージ、トラブルシューティングに関するさらに特定のヘルプを含む、Jekyllが提供するビルトインサポートを利用したいなら、Jekyllを使うことをおすすめします。

以下のGitHubショウケースには、Jekyllサイトの例が含まれています。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください