ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Importerについて

ソースコードがSubversion、Mercurial、Team Foundation Server、あるいは他のGitリポジトリにあるなら、GitHub Importerを使ってそれをGitHubに移せます。

GitHub Importerは、コミットやリビジョン履歴を含めてソースコードリポジトリを素早くインポートしてくれます。

リポジトリのインポートのgif

インポートの間、インポート元のバージョン管理システムによって、リモートリポジトリでの認証、コミット作者の属性の更新、大きなファイルを持つリポジトリのインポート(あるいはGit Large File Storageを使いたくない場合は大きなファイルの削除)が行えます。

インポートのアクション Subversion Mercurial Team Foundation Server Git
リモートリポジトリでの認証 X X X X
コミット作者の属性の更新 X X X
大きなファイルのGit Large File Storageへの移動 X X X
リポジトリからの大きなファイルの削除 X X X

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください