ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

ブランチ制限について

保護されたブランチは、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用できます。ブランチを制限できるのは、GitHub Team で Organization が所有するパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server で利用できるブランチ保護の一種です。詳細は「GitHub の製品」を参照してください。

Organizationに属するリポジトリ内のブランチは、特定のユーザもしくはチームだけがそのブランチへのプッシュを行えるように設定できます。

ブランチ制限を有効化している場合、権限を与えられた人もしくはTeamのみが保護されたブランチにプッシュできます。 保護されたブランチへのプッシュアクセスを持つユーザあるいはTeamは、保護されたブランチの設定で表示及び編集できます。

Organization のオーナーとリポジトリに対する管理権限を持つ人は、保護されたブランチに常にプッシュできます。

制限されたブランチの権限.

ノート:"Include administrators(管理者を含む)"がチェックされており、ブランチでステータスチェック必須にしている場合、それらが失敗したなら、ユーザあるいはTeamの権限のステータスに関係なく、ベースブランチへ変更をプッシュしようとしても失敗します。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください