ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Starting with preconfigured workflow templates

GitHub provides preconfigured workflow templates to automate your workflow or create a CI workflow for specific languages and frameworks.

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているパブリックあるいはプライベートリポジトリでは利用できません。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

About workflow templates

GitHub analyzes your code and shows you the CI templates that are the best fit for your repository. For example, if your repository contains Node.js code, you'll see suggestions for Node.js projects. You can use workflow templates as a starting place to build your custom workflow or use them as-is.

You can browse the full list of CI templates in the actions/starter-workflows repository. You can also find templates for automating your workflow. For more information, see automation templates in the actions/starter-workflows repository.

Adding your first workflow template

If you haven't already added a workflow to your repository, you'll see a list of workflow templates to choose from.

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。

    メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ

  3. 使いたいテンプレート名の下で、Set up this workflow(このワークフローをセットアップする)をクリックしてください。

    Node.jsの推奨テンプレート

Adding additional workflow templates

If you already have a workflow and would like to add a new template workflow, you can navigate to the workflow templates.

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。

    メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ

  3. In the upper-left corner, click New workflow.

    Create a new workflow

  4. 使いたいテンプレート名の下で、Set up this workflow(このワークフローをセットアップする)をクリックしてください。

    Node.jsの推奨テンプレート

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください