ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

自己ホストランナーについて

独自のランナーをホストして、GitHub Actionsワークフロー中でジョブの実行に使われる環境をカスタマイズできます。

ここには以下の内容があります:

自己ホストランナーについて

ノート: 現在、リポジトリに自己ホストランナーを追加できます。 Organization全体に自己ホストランナーを追加して管理する機能は、将来のリリースに搭載されます。

Self-hosted runners offer more control of hardware, operating system, and software tools than GitHub-hosted runners provide. With self-hosted runners, you can choose to create a custom hardware configuration with more processing power or memory to run larger jobs, install software available on your local network, and choose an operating system not offered by GitHub-hosted runners.

自己ホストランナーは、物理、仮想、コンテナ、オンプレミス、クラウドにできます。 以下の要求を満たしていれば、いかなるマシンも自己ホストランナーとして利用できます。

自己ホストランナーのインストールと利用に関する詳しい情報については「自己ホストランナーの追加」及び「ワークフロー内での自己ホストランナーの利用」を参照してください。

GitHubホストランナーと自己ホストランナーの違い

GitHubホストランナーは、ワークフローを素早くシンプルに実行する方法を提供しますが、自己ホストランナーはユーザのカスタム環境内でワークフローを実行する、設定の幅が広い方法です。

GitHubホストランナーは:

  • 自動的に更新されます。
  • GitHubによって管理及びメンテナンスされます。
  • ジョブの実行のたびにクリーンなインスタンスを提供します。

自己ホストランナーは:

  • すでに支払いをしているクラウドサービスあるいはローカルマシンを利用できます。
  • 利用するハードウェア、オペレーティングシステム、ソフトウェア、セキュリティ上の要求に合わせてカスタマイズできます。
  • ジョブの実行のたびにクリーンなインスタンスを保持する必要がありません。
  • 利用状況によっては、GitHubホストランナーよりもコスト効率が良くなります。

自己ホストランナーをサポートするオペレーティングシステム

自己ホストランナーアプリケーション用には、以下のオペレーティングシステムがサポートされています。

Linux

  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • CentOS 7
  • Oracle Linux 7
  • Fedora 29以降
  • Debian 9以降
  • Ubuntu 16.04以降
  • Linux Mint 18以降
  • openSUSE 15以降
  • SUSE Enterprise Linux (SLES) 12 SP2以降

Windows

  • Windows 7 64-bit
  • Windows 8.1 64-bit
  • Windows 10 64-bit
  • Windows 10 64-bit
  • Windows Server 2016 64-bit
  • Windows Server 2019 64-bit

MacOS

  • macOS 10.13 (High Sierra)以降

自己ホストランナーとGitHubとの通信

自己ホストランナーアプリケーションは、ジョブに関する情報をGitHubと通信します。 アプリケーションは、GitHub Actionsジョブを受け付けて実行するためにマシン上で動作していなければなりません。

自己ホストランナーアプリケーションは、HTTPSプロトコルを使ってGitHubと通信します。 マシンには、GitHubと通信するための適切なネットワークアクセスを持たせなければなりません。

パブリックリポジトリでの自己ホストランナーのセキュリティ

We recommend that you do not use self-hosted runners with public repositories.

Forks of your public repository can potentially run dangerous code on your self-hosted runner machine by creating a pull request that executes the code in a workflow.

それぞれのGitHubホストランナーは常にクリーンな隔離された仮想マシンになり、ジョブの実行が終わると破棄されるので、GitHubホストランナーではこれは問題にはなりません。

あなたの自己ホストランナー上で実行される信頼できないワークフローは、あなたのマシンやネットワーク環境に大きなセキュリティリスクをもたらします。これは特に、マシンがジョブにまたがって環境を保持する場合に当てはまります。 リスクには以下のようなものがあります。

  • マシン上での悪意あるプログラムの実行
  • マシンのランナーのサンドボックスからの脱却
  • マシンのネットワーク環境へのアクセスの露出
  • 望まないもしくは危険なデータのマシン上への保存

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください