ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Actionsについて

GitHub Actions では、カスタムソフトウェア開発のライフサイクル (SDLC) にわたるワークフローを GitHub リポジトリに直接作成することができます。

GitHub Actionsは現在、限定パブリックベータであり、変更される場合があります。 ベータ期間中は、価値の高いワークフローやコンテンツにこの機能を利用することは避けることをお勧めします。

GitHub Actionsの使用に関する詳しい情報については、「GitHub Actionsでワークフローを自動化する」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

GitHub Actions について

GitHub Actionsには、自動化されたソフトウェアの開発ライフサイクルワークフローをビルドできる柔軟性があります。アクションと呼ばれる個々のタスクを記述し、組み合わせてカスタムワークフローを作成できます。 ワークフローとは、GitHubで任意のコードプロジェクトをビルド、テスト、パッケージ、リリース、またはデプロイするためにリポジトリで設定できる、カスタムの自動プロセスです。

GitHub Actions では、エンドツーエンドの継続的インテグレーション (CI) と継続的デプロイメント (CD) 機能をリポジトリに直接ビルドすることができます。 GitHub Actionsは、GitHubに組み込まれている継続的インテグレーションサービスを強化します。 詳細については、「継続的インテグレーションについて」を参照してください。

ワークフローは、Linux、macOS、Windows、およびGitHubがホストのサーバーで実行できます。 ワークフローの作成には、リポジトリで定義されているアクション、GitHubのパブリックリポジトリにあるオープンソースのアクション、または公開されているDockerコンテナイメージを使用できます。 フォークされたリポジトリのワークフローは、デフォルトでは動作しません。

ワークフローで使用するアクションをGitHubで見つけ、GitHubコミュニティと共有するアクションをビルドできます。 カスタムアクションの作成については、「アクションのビルド」を参照してください。

特定のイベントで実行するように設定したワークフローファイルを作成できます。 詳細については、「ワークフローの設定」と「GitHub Actionsのワークフロー構文」を参照してください。

一般的な用語の定義については「GitHub Actionsの中核的な概念」を参照してください。

ワークフロー実行の通知

GitHub Actionsに対するメールあるいはWeb通知を有効化すると、あなたが起動したワークフローランが完了すると通知されます。 この通知には、ワークフローランのステータス(成功、失敗、ニュートラル、キャンセルされたランが含まれます)が含まれます。 ワークフローランが失敗したときにだけ通知を受けるようにすることもできます。

リポジトリのActionsタブでワークフローランのステータスを見ることもできます。 詳細については、「ワークフロー実行の管理」を参照してください。

GitHubコミュニティでアクションを見つける

GitHub上のパブリックリポジトリで共有されているオープンソースのアクションを使用してプロジェクトをカスタマイズすることができます。 github.com/actions Organizationで、GitHubによってビルドされたアクションを参照して使用することができます。

HCLからYAML構文にGitHub Actionsを移行する

GitHub は、GitHub Actions で HCL 構文をサポートしなくなりました。

限定パブリックベータに参加しており、HCL 構文でワークフローを作成していた場合、YAML 構文を使う新しい限定パブリックベータにアクセスできるようになっています。

新しい YAML 構文を使うためには、HCL 構文を使うあらゆるワークフローファイルを移行する必要があります。 YAML構文の詳細と、GitHub Actionsの変更については、「GitHub Actionsのワークフロー構文」と「GitHub Actionsについて」を参照してください。

また、ビルドしたあらゆるアクションに対して、メタデータファイルを作成する必要もあります。 詳しい情報については、「GitHub Actions のメタデータ構文」および「アクションについて」を参照してください。

使用制限

使用制限を超えると、ジョブがキューに入れられる、実行に失敗する、または完了に失敗する場合があります。 使用制限は変更される可能性があります。

  • You can execute up to 20 workflows concurrently per repository.

  • 1時間に実行できるAPIリクエストは、1つのリポジトリの全アクションで最大1000までです。

  • ワークフローの各ジョブは、最大で6時間まで実行できます。

  • The number of jobs you can run concurrently across all repositories in your account depends on your GitHub plan.

    GitHub plan Total concurrent jobs Maximum concurrent macOS jobs
    無料 20 5
    Pro 40 5
    Team 60 5
    Enterprise 180 15

また、次の目的ではGitHub Actionsを使用しないでください。

  • 法律違反、またはそれ以外で当社の利用規約またはコミュニティガイドラインに反しているコンテンツまたは行為
  • クリプトマイニング
  • サーバーレスコンピューティング
  • GitHub ユーザまたは GitHub サービスを危険にさらす行為
  • GitHub Actionsが使用されるリポジトリに関連するソフトウェアプロジェクトの製造、テスト、デプロイ、公開に関連しないその他の行為。 つまり、GitHub Actionsを使用して常識的に不適切と判断できることはしないこと

このような使用制限違反や、GitHub Actionsの悪用を防ぐために、GitHubはGitHub Actionsの使用を監視する場合があります。 GitHub Actionsを不正利用した場合には、ジョブが停止されたり、GitHub Actionsの使用を制限されたりすることもあります。

GitHub Actionsの限定パブリックベータへの参加をリクエストする

GitHub Actionsは現在、限定パブリックベータであり、変更される場合があります。 ベータ期間中は、価値の高いワークフローやコンテンツにこの機能を利用することは避けることをお勧めします。

現時点で限定的なパブリックベータに参加していない場合は、GitHub Actions ページから、限定パブリックベータへの加入をリクエストできます。

サポートへの連絡

If you need help with anything related to workflow configuration, such as syntax, virtual environments, or building actions, look for an existing topic or start a new one in the GitHub コミュニティフォーラム's GitHub Actions board.

If you have feedback or feature requests for GitHub Actions, share those in the GitHub Actionsのフィードバックフォーム.

Contact GitHub Supportまたは GitHub Premium Support for any of the following, whether your use or intended use falls into the usage limit categories:

  • If you believe your account has been incorrectly restricted
  • If you encounter an unexpected error when executing one of your Actions, for example: a unique ID
  • If you encounter a situation where existing behavior contradicts expected, but not always documented, behavior

現時点で限定的なパブリックベータに参加していない場合は、GitHub Actions ページから、限定パブリックベータへの加入をリクエストできます。

GitHub SupportはYAML構文のみをサポートし、HCL構文へのサポートは提供しません。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください