ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization での SAML シングルサインオンの強制を準備する

Organization で SAML シングルサインオンを強制する前に、Organization のメンバーシップを検証し、アイデンティティプロバイダへの接続文字列を設定する必要があります。

SAMLシングルサインオンはGitHub Enterprise Cloudで利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

Organization で SAML シングルサインオンを強制すると、アイデンティティプロバイダ (IdP) を介して認証していないメンバーは Organization から削除され、削除について知らせるメールが届きます。

Organization で SAML SSO を強制する前に、次の準備が必要です:

Note: 外部のコラボレータは、SAML SSOを使っているOrganization内のリソースにアクセスするために、IdPでの認証を受ける必要はありません。 外部コラボレーターに関する詳しい情報については「Organization の権限レベル」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください