ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organization のリポジトリ内でレポートされたコンテンツを管理する

コントリビューターがリポジトリ内の混乱をもらたすコンテンツをレポートすると、リポジトリメンテナはレポートを表示および管理できます。

ここには以下の内容があります:

リポジトリに対する管理者権限を持つユーザは、リポジトリについてレポートされたコンテンツを表示および管理できます。

レポートされたコンテンツの管理について

レポートされたコンテンツを表示または管理する前に、リポジトリに対してレポートされたコンテンツを有効にする必要があります。 詳しい情報については、「コントリビューターが Organization のリポジトリで不正利用を報告する方法を管理する」を参照してください。

混乱をもたらすコンテンツのレポートへの追跡、トリアージ、および対応ができます。 [Abuse reports] リストでは、すべてのレポートを表示し、GitHubでレポートされた各コメントに直接移動できます。

混乱をもたらす振る舞いがコミュニティで行われた場合、GitHubは行動規範を適用し、衝突を縮小させるツールを提供します。 たとえば、加熱したやりとりを静めるために会話をロックできます。 詳しい情報については「コメントと会話のモデレーション」を参照してください。

混乱をもたらすコンテンツのモデレートが完了したら、レポートを解決済としてマークできます。 モデレートが完了していないと判断した場合は、レポートを未解決としてマークすることもできます。

コントリビューターが報告したコンテンツを表示する

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーでReported content(レポートされた内容)をクリックしてください。
    リポジトリ設定サイドバーの"レポートされた内容"
  4. 表示するレポートされたコンテンツの右側で、 をクリックした後、[View content] をクリックします。
    レポートされたコンテンツの [Edit] ドロップダウンにある "View content"

レポートを解決する

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーでReported content(レポートされた内容)をクリックしてください。
    リポジトリ設定サイドバーの"レポートされた内容"
  4. 解決するレポートの右側で、 をクリックした後、[Mark as resolved] をクリックします。
    レポートされたコンテンツの [Edit] ドロップダウンにある "Mark as resolved"

レポートを未解決にする

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. 左のサイドバーでReported content(レポートされた内容)をクリックしてください。
    リポジトリ設定サイドバーの"レポートされた内容"
  4. "Abuse reports(悪用レポート)"の下で Resolved(解決)をクリックしてください。
    "悪用レポート"の下の"解決"タブ
  5. 未解決にするレポートの右側で、 をクリックした後、[Mark as unresolved] をクリックします。
    レポートされたコンテンツの [Edit] ドロップダウンにある "Mark as unresolved"

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください