ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.19

OpenStack KVM で GitHub Enterprise Server をインストールする

GitHub Enterprise Server を OpenStack KVM 上にインストールするには、OpenStack にアクセスでき、GitHub Enterprise Server QCOW2 イメージをダウンロードすることが必要です。

ここには以下の内容があります:

必要な環境

  • GitHub Enterpriseのライセンスファイルを持っていなければなりません。 既存のライセンスファイルをダウンロードするか、トライアルライセンスをリクエストするには、enterprise.github.comにアクセスしてください。 For more information, see "Managing your GitHub Enterprise license."
  • OpenStackのサービス群へのWebベースのユーザインターフェースであるOpenStack Horizonの環境へのアクセスが必要です。 詳しい情報についてはHorizonのドキュメンテーションを参照してください。

ハードウェアについて

GitHub Enterprise Serverは、ルートディスクとは別に永続化用のデータディスクを必要とします。 詳しい情報については「システムの概要」を参照してください。 ストレージデバイスには、高パフォーマンスの SSD を直接アタッチするか、ストレージエリアネットワーク (SAN) を経由するかの、いずれかをおすすめします。 GitHub Enterprise Server インスタンスで使用するユーザライセンス数に基づくハードウェア構成をおすすめします。 |

ユーザライセンスvCPUsメモリアタッチされたストレージルートストレージ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ216 GB100 GB200 GB
10-3000432 GB250 GB200 GB
3000-5000864 GB500 GB200 GB
5000-80001296 GB750 GB200 GB
8000-10000+16128 GB1000 GB200 GB

以下に最小の推奨構成を示します。 ユーザのアクティビティや他の製品との結合といった利用方法によっては、さらに多くのリソースが必要になることがあります。 CPUリソースを増加させる場合には、GitHub Enterprise Serverインスタンスに追加されるCPUごと(最大で16CPU)に少なくとも6.5GBのメモリを追加することをおすすめします。 詳しい情報については、「CPUあるいはメモリリソースの追加」を参照してください。

ノート:ルートディスクは、新しいアプライアンスを構築するか、既存のアプライアンスを利用してリサイズできます。 詳しい情報については「ストレージ容量の増加」を参照してください。

警告: 継続的インテグレーション(CI)あるいはそれに類したシステムでリポジトリの変更をフェッチするには、webhookの利用をおすすめします。 定期的な自動チェック、あるいはポーリングは、インスタンスのスケーラビリティを大きく損ないます。 詳しい情報については「webhookについて」を参照してください。

GitHub Enterprise Server イメージをダウンロードする

  1. GitHub Enterprise Serverのダウンロードページにアクセスしてください。
  2. ライセンスファイルをダウンロードするにはDownload license(ライセンスのダウンロード)をクリックしてください。
  3. Get the latest release of GitHub Enterprise Server (GitHub Enterprise Server の最新リリースを入手) をクリックします。
  4. GitHubオンプレミスを選択し、続いてOpenStack KVM (QCOW2)をクリックしてください。
  5. Download for OpenStack KVM (QCOW2)をクリックしてください。

GitHub Enterprise Server インスタンスを作成する

インスタンスを作成するには、GitHub Enterprise Server のイメージを仮想マシンにインポートし、インスタンスのデータ用に追加のストレージボリュームをアタッチしなければなりません。 詳細は「ハードウェアについて」を参照してください。

  1. OpenStack Horizon で、ダウンロードした GitHub Enterprise Server のイメージをアップロードします。 その方法についてはOpenStackのガイド"Upload and manage images"の"Upload an image"セクションを参照してください。

  2. インスタンスデータ用にアタッチされるストレージボリュームとして使うための新しい仮想ディスクを作成し、サイズをユーザライセンス数に基づいて設定してください。その方法についてはOpenStackのガイド"Create and manage volumes"を参照してください。

  3. セキュリティグループを作成し、下の表の各ポートについて新しいセキュリティグループルールを追加してください。 その方法についてはOpenStackのガイド"Configure access and security for instances"を参照してください。

    ポートサービス説明
    22SSHGit over SSHのアクセス。 パブリック/プライベートリポジトリのクローン、フェッチ、プッシュ操作がサポートされています。
    25SMTP暗号化(STARTTLS)付きのSMTPサポート。
    80HTTPWebアプリケーションへのアクセス。 SSL が有効な場合、すべての要求は HTTPS ポートにリダイレクトされます。
    122SSHインスタンスのシェルへのアクセス。 デフォルトのSSHポート(22)は、アプリケーションのgit+sshネットワークトラフィック専用です。
    161/UDPSNMPネットワークモニタリングプロトコルの処理に必要。
    443HTTPSWebアプリケーション及びGit over HTTPSのアクセス。
    1194/UDPVPNHigh Availability設定でのセキュアなレプリケーションネットワークトンネル。
    8080HTTPプレーンテキストの Webベースの Management Console。 SSL を手動で無効にしない限り必要ありません。
    8443HTTPSセキュアな Webベースの Management Console。 基本的なインストールと設定に必要です。
    9418GitシンプルなGitプロトコルのポートです。 パブリックリポジトリのクローンとフェッチのみができます。 暗号化されていないネットワーク通信です。
  4. フローティングIPをインスタンスに関連づけることもできます。 使用しているOpenStackのセットアップによっては、フローティングIPをプロジェクトに割り当て、それをインスタンスに関連づける必要があるかもしれません、 そうする必要があるかどうかは、システム管理者に連絡を取って判断してください。 詳しい情報については、OpenStackのドキュメンテーション中の"Allocate a floating IP address to an instance"を参照してください。

  5. これまでのステップで作成したイメージ、データボリューム、セキュリティグループを使ってGitHub Enterprise Server インスタンスを起動してください。 その方法についてはOpenStackのガイド"Launch and manage instances"を参照してください。

GitHub Enterprise Server インスタンスを設定する

  1. 仮想マシンのパブリックDNS名をコピーして、Webブラウザに貼り付けてください。
  2. プロンプトでライセンスファイルをアップロードし、管理コンソールのパスワードを設定してください。 For more information, see "Managing your GitHub Enterprise license."
  3. Management Consoleで、希望する設定を行って保存してください。詳しい情報については、「GitHub Enterprise Server アプライアンスを設定する」を参照してください。
  4. インスタンスは自動的に再起動します。
  5. Visit your instance(インスタンスへのアクセス)をクリックしてください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください