ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

ファイルをリポジトリに追加する

既存のファイルを GitHub Enterpriseのリポジトリにアップロードおよびコミットできます。 ファイルツリー中のいずれかのディレクトリにファイルをドラッグアンドドロップするか、リポジトリのメインページからファイルをアップロードしてください。

ブラウザを介してリポジトリに追加できるファイルのサイズは、1 ファイルあたり 25 MBまでです。 コマンドラインからは、より大きいサイズのファイルを追加でき、1 ファイルあたり 100 MBまでです。 詳しい情報についてはコマンドラインを使用してリポジトリにファイルを追加するを参照してください。

参考:

  • GitHub Enterprise には同時に複数のファイルをアップロードできます。
  • リポジトリに保護されたブランチがある場合、GitHubを使ってその保護されたブランチ中のファイルを編集したり、保護されたブランチにファイルをアップロードしたりすることはできません。 詳しい情報については「保護されたブランチについて」を参照してください。

GitHub Desktopを使って、変更を新しいブランチに移動させてコミットできます。 詳しい情報については「プロジェクトに対する変更のコミットとレビュー」を参照してください。

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で [Upload files] をクリックします。
    ファイルのアップロードボタン
  3. アップロードするファイルもしくはフォルダーを、ファイルツリー上のリポジトリにドラッグ & ドロップします。
    ドラッグ&ドロップエリア
  4. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しい情報については「複数の共作者を持つコミットの作成」を参照してください。
    変更のコミットメッセージ
  5. コミットメッセージフィールドの下で、コミットの追加先を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチが master であれば、コミット先として新しいブランチを作成することを選択し、続いてプルリクエストを作成しなければなりません。 詳しい情報については「新しいプルリクエストの作成」を参照してください。
    コミットブランチのオプション
  6. [Commit changes] をクリックしてください。
    [Commit changes] ボタン

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください