ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2020-08-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

記事のバージョン: Enterprise Server 2.18

Git のプッシュ制限を設定

リポジトリ内のGitオブジェクトに対して最大サイズを強制できます。

リポジトリのサイズを管理できるように留め、パフォーマンスの問題を避けるために、インスタンス上のリポジトリのファイルサイズに制限を設定できます。

デフォルトでは、リポジトリのアップロード制限を適用すると、100MB以上のファイルの追加やアップロードができなくなります。

注:50 MB以上のサイズのファイルのみが、Gitプッシュの制限に照らし合わせて確認されます。 プッシュ制限をより小さくする必要がある場合は、GitHub Enterprise Support または GitHub Premium Supportまでお問い合わせください。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでEnterpriseをクリックしてください。
    サイトアドミン設定のEnterpriseタブ
  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ
  4. " Setteings( 設定)"の下で、 Options(オプション)をクリックしてください。
    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のオプションタブ
  5. [Repository upload limit] で、ドロップダウンメニューを使用して最大オブジェクトサイズをクリックします。
    最大オブジェクトサイズのオプションを備えたドロップダウンメニュー
  6. あるいは、GitHub Enterprise Server インスタンス上のすべてのリポジトリにアップロードの最大制限を適用するために、Enforce on all repositories(すべてのリポジトリに適用)を選択してください。
    すべてのリポジトリにオブジェクトの最大サイズを適用するオプション

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください