ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

プルリクエストについて

プルリクエストは、他者に対してあなたがGitHub Enterprise上のリポジトリ内のブランチにプッシュした変更について知らせます。 プルリクエストがオープンされると、変更がベースブランチにマージされる前に、可能性のある変更についてコラボレーターと議論し、レビューでき、フォローアップのコメントを追加できます。

ここには以下の内容があります:

プルリクエストについて

メモ: プルリクエストを使う際には以下のことを念頭に置いてください:

  • 共有リポジトリモデルで作業をしている場合、プルリクエストにはトピックブランチを使うことをおすすめします。 ブランチあるいはコミットからプルリクエストを送ることもできますが、トピックブランチを使えば提案した変更を更新する必要がある場合、フォローアップのコミットをプッシュできます。
  • プルリクエストにコミットをプッシュする場合、フォースプッシュはしないでください。 フォースプッシュをすると、プルリクエストが壊れることがあります。

プルリクエストを初期化すると、あなたのブランチ(比較ブランチ)とリポジトリのベースブランチとの差異の高レベルの概要を示すレビューページが表示されます。 提案した変更の概要を追加したり、コミットによる変更をレビューしたり、ラベルやマイルストーン、アサインされた人を追加したり、個人のコントリビューターやTeamに@メンションできます。 詳しい情報についてはプルリクエストの作成を参照してください。

プルリクエストを作成したら、トピックブランチからコミットをプッシュして、それらを既存のプルリクエストに追加できます。 それらのコミットは、プルリクエスト内で時系列順に表示され、変更は"Files changed(変更されたファイル)"タブで見ることができます。

他のコントリビューターは、あなたが提案した変更をレビューしたり、レビューコメントを追加したり、プルリクエストのディスカッションにコントリビュートしたり、さらにはプルリクエストにコメントを追加したりできます。

提案された変更に満足したなら、プルリクエストをマージできます。 共有リポジトリモデルで作業しているなら、提案された変更はヘッドブランチからプルリクエストで指定されたベースブランチにマージされます。 詳しい情報についてはプルリクエストのマージを参照してください。

リポジトリでステータスチェックが必須となっているなら、ブランチを保護されたブランチにマージする前には必須ステータスチェックをパスしていなければなりません。詳しい情報については「ステータスチェック必須について」を参照してください。

プルリクエストあるいはコミットメッセージ中でキーワードを使って対応する Issue をクローズできます。詳細は「キーワードを使って Issue をクローズする」を参照してください。

参考:

  • 期限切れのレビューコメントをすべて折りたたむか展開するかを切り替えるには、altを押しながら、[Show outdated] または [Hide outdated] をクリックしてください。 その他のショートカットについては「キーボードのショートカット」を参照してください。
  • プルリクエストをマージする際には、変更を効率的に見ることができるようにするためにコミットを squash できます。 詳しい情報についてはプルリクエストのマージについてを参照してください。

ダッシュボードにアクセスすれば、作業しているかサブスクライブしている最近更新されたプルリクエストへのリンクを素早く見つけることができます。 詳しい情報についてはパーソナルダッシュボードについてを参照してください。

ドラフトプルリクエスト

ドラフトのプルリクエストは、GitHub Free のパブリックリポジトリ、GitHub Pro、レガシーのリポジトリごとの支払いプラン、GitHub Team のパブリックおよびプライベートリポジトリ、GitHub Enterprise Server2.17+、GitHub Enterprise Cloud で利用できます。

プルリクエストを作成する際には、レビュー可能なプルリクエストを作成するか、ドラフトのプルリクエストを作成するかを選択できます。 ドラフトのプルリクエストはマージできません。また、コードオーナーにはドラフトのプルリクエストのレビューは自動的にはリクエストされません。 ドラフトのプルリクエストの作成に関する詳しい情報については、「プルリクエストを作成する」および「フォークからプルリクエストを作成する」を参照してください。

ドラフトのプルリクエストでフィードバックを受ける準備ができたなら、プルリクエストにレビューの準備ができたことをマークできます。何らかの理由で作者ができない場合は、リポジトリに書き込み権限を持つ人なら誰でもプルリクエストにレビューの用意ができていることをマークできます。そうすればプルリクエストはマージできるようになり、コードオーナーはプルリクエストのレビューを求められます。 詳しい情報については、「プルリクエストのステージを変更する」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください