ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

2 要素認証でアカウントを保護する

サインイン時にパスワードに加えて認証コードを要求するには、GitHub アカウントで設定します。

2 要素認証について

2 要素認証、あるいは 2FA は、Web サイトあるいはアプリケーションにログインする際に使われる追加のセキュリティレイヤーです。 2FA を使うと、ユーザ名とパスワードを用い、さらにあなただけが知っている、もしくは利用できる他の形態の認証を利用してログインしなければならなくなります。

2 要素認証を設定する

モバイルアプリまたはテキストメッセージを使って、2 要素認証を設定できます。 また、セキュリティキーを追加することも可能です。

2 要素認証リカバリ方法を設定する

2 要素認証のクレデンシャルを紛失した場合に備え、アカウントへのアクセスを回復するさまざまな方法を設定できます。

2 要素認証を利用した GitHub へのアクセス

2FA が有効化されていると、GitHubにサインインあるいは認証を求める際に、パスワードと共に 2FA 認証コードを求められます。

2FA クレデンシャルをなくした際のアカウントの回復

2 要素認証のクレデンシャルを利用できなくなった場合、アカウントに再びアクセスするためにはリカバリコードを使うか、その他のリカバリ方法 (セットアップしている場合) を使うことができます。

モバイルデバイスに対する 2 要素認証配信方法の変更

認証コードの受信方法を、テキストメッセージとモバイルアプリケーションとの間で切り替えることができます。

SMS 認証がサポートされている国

配信の成功率との兼ね合いで、GitHub は SMS による 2 要素認証を特定の国においてのみサポートしています。

個人アカウントの 2 要素認証を無効化する

自分の個人アカウントの 2 要素認証を無効化すると、所属する Organization へのアクセスも失う可能性があります。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください