ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: GitHub.com

プルリクエストのマージについて

フィーチャブランチにすべてのコミットを保ち、すべてのコミットを単一のコミットにsquashするか、個々のコミットをheadブランチからbaseブランチにリベースすることによって、プルリクエストをマージできます。

GitHub上のプルリクエストでフォルトのMerge pull request(プルリクエストのマージ)オプションをクリックすると、フィーチャブランチからのすべてのコミットがマージコミット内でベースブランチに追加されます。 プルリクエストは、--no-ffオプションを使ってマージされます。

プルリクエストをマージするためには、リポジトリの書き込み権限を持っていなければなりません。

standard-merge-commit-diagram

プルリクエストのコミットのsquashとマージ

GitHub上のプルリクエストでSquash and merge(squashとマージ)オプションを選択すると、そのプルリクエストのコミットは1つのコミットにsquashされます。 トピックブランチからコントリビュータの個々のコミットをすべて見る代わりに、コミットは1つのコミットにまとめられ、デフォルトブランチにマージされます。 squashされたコミットを持つプルリクエストは、fast-forwardオプションを使ってマージされます。

プルリクエストをsquashしてマージするには、リポジトリへの書き込み権限を持っていなければならず、リポジトリではsquashマージが許可されていなければなりません。

commit-squashing-diagram

squashとマージは、よりスムーズなGitの履歴をリポジトリに作り出すために利用できます。 作業途中でのコミットは、フィーチャブランチで作業しているときには役立ちますが、必ずしもGitの履歴に残すほど重要とはかぎりません。 デフォルトブランチへのマージに際してそれらのコミットを1つのコミットにsquashすれば、明快なGitの履歴と共にオリジナルの変更を残しておけます。

プルリクエストコミットのリベースとマージ

GitHub上のプルリクエストでRebase and merge(リベースとマージ)オプションを選択すると、トピックブランチ(あるいはheadブランチ)のすべてのコミットが、マージコミットなしに個別にベースブランチに追加されます。 リベースされたコミットを持つプルリクエストは、fast-forwardオプションを使ってマージされます。

プルリクエストをリベースしてマージするには、リポジトリへの書き込み権限が必要で、リポジトリではリベースマージが許可されていなければなりません。

GitHub上でのリベースとマージの振る舞いは、gitのリベースとは少し異なっています。 GitHub上でのリベースとマージは、常にコミッターの情報を更新し、新しいSHAを生成しますが、GitHub外でのgit rebaseは祖先のコミット上でリベースが生じたときにコミッター情報を変更しません。 git rebaseに関する詳しい情報については書籍Pro Gitの"Git rebase" の章を参照してください。

git rebaseの視覚的な表現については、書籍Pro Gitの"Git Branching - Rebasing"の章を参照してください。

以下の場合、GitHub上で自動的にリベースおよびマージすることはできません:

それでもコミットをリベースしたいにもかかわらず、GitHub 上で自動的にリベースとマージが行えない場合、以下のようにしなければなりません:

リポジトリに書き込み権限を持つ人は、続いてGitHub上のリベース及びマージボタンを使って変更をマージできます。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください