ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ワークフローでのセルフホストランナーの利用

ワークフローでセルフホストランナーを使うには、ラベルを使ってジョブのためのランナーの種類を指定できます。

ここには以下の内容があります:

セルフホストランナーのラベルについて

ラベルを使えばジョブのためのランナーの種類を指定できます。 セルフホストランナーをリポジトリに追加する際に、いくつかのラベルが自動的に追加されます。

  • self-hosted: セルフホストランナーに適用されるデフォルトのラベル。
  • linuxwindowsmacos: オペレーティングシステムの種類に応じて適用される。
  • x86x64ARMARM64: アーキテクチャの種類に応じて適用される。

ワークフローでのセルフホストランナーの利用

ジョブでセルフホストランナーを指定するには、ワークフローファイル中でセルフホストランナーのラベルでruns-onを設定してください。

すべてのセルフホストランナーはself-hostedラベルを持ち、self-hostedラベルだけを提供すれば任意のセルフホストランナーを選択できます。 あるいは、特定のオペレーティングシステムやシステムアーキテクチャのラベルといった追加のラベルと合わせて配列中でself-hostedを使い、指定した種類のランナーだけを選択することもできます。

任意のセルフホストランナーを使う例

runs-on: self-hosted

macOSのセルフホストランナーを使う例

runs-on: [self-hosted, macos]

ARM64 Linuxのセルフホストランナーを使う例

runs-on: [self-hosted, linux, ARM64]

詳細については、「GitHub Actionsのワークフロー構文」を参照してください。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください